ホーム > 採用情報 > 社員メッセージ

採用情報

市場品質の向上から
より良い製品を届けたい

file.05

梶川 和紀

経営戦略本部
品質革新グループ

2018年入社

市場品質の在り方

製造販売会社にとって、製品の品質確保は事業の要です。中でも市場品質(実際にお客様が使用した際の品質)の維持・向上への取り組みは、モノづくりで生業する以上、社会的責任でもあると考えます。私が在籍する品質革新グループは、開発時の品質参画から製造時の確認管理、出荷後のアフターフォローまで、AQUA製品の品質管理全般を担っています。販売後の製品不良や故障によるトラブルは、ユーザーの満足度の低下や会社の損益だけでなく、企業イメージやブランド力の低下をも招きます。過去の問題や市場の最新の不具合状況を解析し、品質の立場と目線で開発段階から未然防止に働くことが、我々の重要なタスクです。

旧三洋電機の技術やノウハウの進化へ期待

現在、AQUAの主力商品である民生用洗濯機の市場品質業務を担当しています。不良内容の解析と報告書作成を中心に、サービス担当技術員からの相談対応、リワーク対応、傾向性不具合に対する処置法の連絡周知など、市場品質の向上と改善に向けた業務を、社内外に展開しています。
私は新卒でAV機器メーカーへ入社し10年以上勤めました。電気設計と品質管理を経験してきましたが、市況と会社の状態から数年先のビジョンが見えず、将来的なキャリア形成を見据えて転職しました。前職では設計品質が主だったため、AQUAへ入社後は市場品質の担当として新たな成長機会を得ています。AQUAの製品は、ハイアールアジアR&D開発(日本)とHaier開発(中国)があり、Haier開発の製品はODMのため、設計や開発へのフィードバックが即改善に繋がりにくいのが現状です。またグループ内企業各社や工場がそれぞれ独立し役割が細分化されているので、主体性や行動力がないとうまく回せません。こうしたグローバル企業ならではの難しさもあるものの、市場品質の向上から販売店やお客様の信頼を獲得し、より良い製品の市場投入へ貢献できることは、大きなやりがいとなっています。また所属部門は現在旧三洋電機のノウハウや技術力を持つベテラン社員が多く、自身のこれまで培った経験を融合させ、新たなシナジー効果を生み出すことにも期待しています。

品質のエキスパートとして

市場品質の向上により、AQUAの事業は今後益々成長発展すると自負しています。そのためには、部品・設計・製造品質を改善し市場不良の再発防止へ取り組むことや、設計~開発段階から品質をチェックし、不具合の未然防止と流出防止に努めること、品質基準を作成し標準化するなど、チャレンジしたい事柄が山のように浮かびます。
私自身割と冷静で落ち着きがあり、物怖じしない性分なので、年齢や組織の枠を超えた業務体系の構築や、関連会社との連携強化にも努めていきたいです。品質のエキスパートとして専門知識の習得と技術力向上に努め、将来AQUAの品質事業をリードできる人材になりたいと思います。

ページ上部へ戻る